忍者ブログ

テテオのWardBLOG

ブッチャーが安武

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。
ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、栄養補助食品によって服用するのが適切な服用方法だと言えます。では、葉酸栄養補助食材はいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに服用するのが良いと言えます。
何となくと言うと普段の食事から摂れるEPA・DHAの働きによって、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できるでしょう。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の服用は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもあるため、避けた方が無難です。
身篭もる初期(妊娠前1ヶ月~受胎3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大切な滋養が葉酸だという事をご存知ですか?母子伴に健康な体でいるためにも、栄養補助食材など、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。さて、厚生労働省による理想的な一日の服用量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日服用する必要があるのです。
野菜だけで十分に服用できるかというと、あまり現実的ではないんです。



ですから栄養補助食品を飲んで、無理なく葉酸を服用しましょう。



友人のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、話を切り出しづらくて、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。



月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでもコンセプションに至らず、姉に勧められた葉酸栄養補助食材を飲み始めました(すごく高いらしいです)。


私の場合はそれが良かったのでしょう。



服用後2か月には下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰服用による副作用の報告もあります。それは例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。妊娠初期の神経質な時期には良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、適切な服用を心がけるようにしましょう。もちろん、葉酸は食事で服用できるのが一番なのですが、栄養補助食品メントであれば、一日の服用量の目安がついて簡単に管理できるでしょうから、食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には葉酸栄養補助食品をおススメします。
葉酸は体に欠かすことのできない滋養で、ビタミンB群の一種です。野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多くふくまれています。



葉酸の服用は、特に受胎初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、もしくは流産の可能性を減らす効果があります。厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸栄養補助食材で服用するのも問題ありません。
受胎における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする滋養として、最近では「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している滋養です。定期的な服用の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症危険性が低減されたという報告があるのです。具体的な一日の葉酸服用量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの服用を推奨しています。

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、受胎中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して服用してみてくださいね。
妊婦にとって必要なEPA・DHAはたくさんありますが、そうしたものをまとめて服用できる総合サプリの代表的なものは、ピジョン株式会社の栄養補助食品だと言えます。
ピジョンが発売している葉酸栄養補助食材にはいくつかの種類がありますし、殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウム・鉄分・ビタミンなど、コンセプション期間中に欠乏しやすい成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの滋養を摂取できるんですよね。



こうした栄養補助食材を運用すれば、カルシウムの栄養補助食品やビタミンのサプリ等、複数の栄養補助食材を複数服用しなくても良いので、簡単に一日分の滋養を補給できるでしょうから、ぜひ活用するのを御勧めします。ピジョンの栄養補助食品には、それぞれの栄養補助食品が含有している成分に特質があるため、ご自身が不足しがちなEPA・DHAが入った栄養補助食材を選んでみてくださいね。赤ちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。実際には、こうした機会に葉酸の多い食材を知ったという方も多いですよね。



一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。はかには、野菜もそうですね。実際に食材から葉酸を服用しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は熱に弱く大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸服用を心がけてください。

妊娠が分かった後に葉酸の服用を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。



それと同時に、一体いつまで葉酸を服用するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。
胎児の成長のために葉酸を服用されている、という場合は、コンセプション中だけの服用でも、もちろん問題ないでしょう。
しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。私は第一子をコンセプション中ですが、それまで不妊治療(コンセプションに至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)を続けていました。
結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、ユウジン知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、早々にコンセプションが発覚しました。



悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。


PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R