忍者ブログ

テテオのWardBLOG

山西の今田

脱毛サロンで勧誘を受けた時の断り方としては、きっぱりとお断りすることが重要です。



判断に困っているのも見せたり、返事を中途半端としていると、執拗な勧誘を受けることになります。
向こうもシゴトですので、期待できそうであれば強引にきます。でも、かつてのような執拗な勧誘はおこなうことが不可となっておりますから、断っているのに契約するまで帰れないようなことはないです。

毛深い体質の人の場合、脱毛てもみを利用しても満足のいく脱毛ができるようになるまで長い時間をかけることになります。たとえば普通の毛質の人が12回ほど通うことで脱毛を完了させられるとすると毛深い人は16~18回、さらにもっと回数が必要になる可能性もあります。

時間をあまりかけたくない人は、医療系の脱毛クリニックを選んで施術を受けると脱毛を短期間で終わらせることができるようです。
ただ、クリニックの機器はパワーが大きく、痛みが多少強くなる傾向があるのです。「脱毛コース」で好評のてもみといえば、国内屈指のTBC、エルセーヌなどの有名エステサロンが常時、上位に食い込んでいます。一方で、人気ランキングに、脱毛ラウンジをふくめると、たとえば、ミュゼプラチナム、銀座カラー、脱毛ラボ、等々が上の順位に名を連ねます。他に、ピュウベッロやキレイモなども高評価です。

お好み次第で、脱毛を希望する部位別に行くラウンジを変える方もいます。
ムダ毛をカミソリや毛抜きなどで自己始末するとよく起こる埋没毛に関しても、脱毛サロンに通うとなくせます。
脱毛床屋でごく普通に行われている光脱毛という手法なら頑固な埋没毛も消せるのです。
脱毛クリニックで受けられる医療行為としてのレーザー脱毛でも埋没毛は消せるものの、ラウンジの光脱毛とくらべると肌の受ける刺激が大きく、料金をみても比較的高い値段にセッティングされていることがほとんどです。通っている脱毛床屋がいきなり倒産した場合、前払い分のお金が返ってくることはありません。

ローンの場合、こなしていないメニュー分の支払いは当然止めることが可能です。


世間でよく知られているような大手ラウンジでも、絶対に潰れない保障というのはありませんし、ましてや中小規模のおみせなら、いつ倒れてしまってもおかしくはないでしょう。



そういうことも考えて料金の前払いはやめておいた方がよいかもしれません。脱毛エステを選ぶとき、チェックするとよいのは、値段、コース内容、レビューでの評価、予約が混み過ぎていないか、立地はよいか、などです。


低料金か?だけで決めてしまうと、悔いが残ることもありますし、可能な限りお試し体験コースなどをおねがいしてみましょう。


できるだけ早くムダ毛が消えたキレイなお肌になりたいとねがっていると思いますが、契約してしまう前にいろいろな角度から見て精査することが肝心です。
脱毛ラウンジ利用の短所を考えてみますと、まず料金の問題、そこそこ費用がかさむということかもしれません。市販の脱毛用グッズで自己処分に挑戦するより、ずっと高額のお金が必要になる場合が大半となっています。
そして、脱毛ラウンジの利用は予約を取る決まりとなっていますから、床屋通いそのものを煩わしく思うようになる例もあるでしょう。
さらにいうと、脱毛ラウンジの加療は脱毛クリニックと比較して威力が小さいため脱毛の効果がなかなか出てこないのもラウンジの弱点だといえるでしょう。価格についてですが、脱毛床屋それぞれで異なる料金体系を持ちますし、脱毛したい部位がどこなのかでもまったく違ってくるはずです。

大手の脱毛サロンがよく宣伝しているようなお得なキャンペーンを上手く使って、比較的低料金の脱毛が可能になる場合もあるでしょう。



また、脱毛を希望しているパーツごとに異なる脱毛サロンに通うようにすると、段取り良く脱毛を進めることができそうです。
そして一つのおみせに通うより予約が取りやすくなるというのも大きなポイントでありお薦めです。脱毛エステによる効果は、脱毛てもみにより異なってきますし、体質によっても影響が変わるでしょう。


毛深さが気になってしまうような方だと、脱毛てもみなどでは目立った効果が得ることができないこともありますから、脱毛クリニックの方がいいかもしれません。

満足できるような結果が得られなかった場合のことも、カウンセリングを受ける際に聞いておきましょう。


脱毛エステはどれほどの期間通うかというと、オペレーションを2から3か月に1回のペースで満足でいるまですることになるので、全員同じという理由ではありません。


6回の加療で納得できたなら、通う期間は1年か1年半ぐらいになるでしょう。

一般的には、一箇所で12回ぐらいする必要があるのなので、2年から3年くらいと見積もるのが妥当です。



毛の周期にあった加療が大切なので、毎月受けたところでそれほど意味はないことになります。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R